第33回全日本空手道選手権大会 主催 白蓮会館 | 道真會館
道真會館

第33回全日本空手道選手権大会 主催 白蓮会館

山下力也弐段が一般重量級に出場

今大会は15歳から挑戦8回目となる

松本副館長が最初に今大会に挑戦し、藤田、森、福岡、谷本、山下が出場してきました。

しかしベスト8に残るのが精一杯で今回が道真会館初の3位入賞でした。

 

 

15歳の頃山下選手は、組手も荒削りでスタミナに問題もありましたが、努力を重ねていくことで蹴りの精度、パワーが上り地方大会では、優勝を重ねていきました。

しかし、中央の全日本クラスでは極真連合会のベスト8入りくらいでした。

また、昨年よりスタミナ稽古、ランニング量を増やして問題点を解消した結果だと思います。まだまだ上を目指すため今後の努力が必要です。

試合の翌日も自主練習に励んでました。来年期待します!

 

杉原正康宗師、杉原賢亮館長、白蓮会館の先生方、スタッフの方々お世話になりました。ありがとうございました。

 


Comments are closed.