道真會館

審査会

6月10日(日)

前日、道場の大掃除とマットの張替えをし審査会に備えました。

新しいマットで気持ちよく審査会が行われました。

今回は21名の道場生が日頃の練習の成果を発揮しました。

最初は、声も出ずなかなか本調子とはいかなかったものの

移動稽古の頃には緊張もほぐれてきていつもの動きができてきました。

型の審査は、りのさん(小3)が征遠鎮を選択し見事な型を披露しました。

自然と拍手があがり久保館長も絶賛してました。

今回昇段審査のえいすけくんとあいりさんの型も素晴らしくよかったとおもいます。

昇段審査の一人目はえいすけくんが5人組手に挑戦(少年部は初段5人)

体格の上回る相手に途中苦しい時もありましたが、見事達成しました。

2人目はあいりさんの10人組手(一般部は初段10人)

あいりさん(高3)は少年部で初段を取得していましたが、高校生から一般部にあがるため

高1の時に再審査で1級になり、今回が2回目の昇段審査となりました。

対戦相手はすべて男、対格差から考えると20人組手ぐらいの値打ちはあったと思います。

あいりさんはあきらめることなく最後まで頑張りぬきました。改めて女子部の昇段審査の連続組手の大変さを痛感しました。

審査結果は来週予定してます。お疲れ様でした。


Comments are closed.