道真會館

平常心を保つ

かなり昔、久保館長の前蹴りを偶然にも膝でカットした時に、館長の足の指が折れていた事がありました。その後も、顔色一つ変えずに組手をしていたので、まったく気づきませんでした。

それを知ったのは数日後他の道場生から聞いてわかりました。

館長は「いかなる時でも、ポーカーフェイスで戦いなさい。顔に出すのは見苦しい。顔を叩かれるのも、金的を蹴られるのも自分の技術不足、不注意。常に何がくるかわからないと思いなさい。」と常に指導していました。でも、なかなか緑帯の自分にはできることではありませんでした。

実際自分が試合に出るようになって普段の組手の時から、顔面パンチをもらっても、効かされても顔に出さないよう常に平常心で戦えるように心がけています。

一般部はもちろん少年部もよほどの強い顔面殴打をもらわない限り決して顔に出さないよう指導しています。

最近、少年部の道場生も顔面パンチの少々の衝撃では顔色を変えません。その時我慢ができたことは誉めるようにしています

平常心で戦えるよう日頃から心がけましょう。  押忍


Comments are closed.