道真會館
7月 8 2009

型を極める

大極Ⅰからはじまり平安Ⅰから5、道真Ⅰから4、ヤンスー、突きの型、最破、転掌、三戦、撃砕小・大、征遠鎮、観空など帯に応じて覚えなければいけない型があります。

最初は、順番を覚え順番を覚えれば、ひとつひとつの動作を鏡に写しながら丁寧に正確に納得いくまで繰り返すことが必要です。

普段の基本稽古、移動稽古の大切さが身にしみてわかります。

8月30日の型の大会に向けて居残り練習も行っています。(火、金午後7時15分から7時45分まで・少年部)

一般部も7月、8月は型稽古を集中して指導していきます。